連日トイレの夢

2024年5月某日

午前3時に夢の中でトイレに行くところで、やばいと思って目が覚める。左側の喉が腫れて左耳まで痛いことに気が付く。前日、少し冷えるなと思いながら外出して、湯船に入らなかったことを後悔する。仕方がないので、龍角散のど飴を舐めながらもう一度眠る。

 

朝、喉全体が痛くなっていることに気づく。頭も痛い。熱はない。これは放置すれば熱まで出るタイプの風邪だと思い、葛根湯を飲んで一日中寝る。夫が少し前から風邪をひいていたが終息しつつあったので、逃げきれたと思っていた。現在無職なので、GW明けから色々と行動した方がどこも人が多くなくていいだろうと思っていたら、GW明けすぐに体調を崩してしまった。悔しい。

 

2024年5月某日

トイレに行く夢を連日みる。ただトイレに行く夢、というわけではなくて外出先でトイレに行きたくなり、そこのトイレを探していく夢だ。今日はスキー場のトイレに行った。連日、あまり綺麗ではないトイレに辿りつく。目が覚めていつも現実に反映されていないかと怯えるが、幸いなことに大丈夫だった。

 

念の為に現実にトイレに行って戻ってきて、午前4時。三日連続だったので「トイレ 夢占い」と調べてみる。「トイレの夢は吉兆」と書いてある。ただし、汚いトイレは体調不良などの暗示でもある、と。暗示されなくても、もう喉も痛いし、頭も痛いのでわかっている。

 

とにかく寝る。温かくして自分の体温で全ての菌を殺す、そう思いながらたくさん寝た。たくさん寝たこともあって、喉の痛みはマシになってきた。でもまだ頭は少し痛くて、頭が痛くなりながら、すごい物語や文章にこれからも打ちのめされ続けたい、と考えていた。